生命保険の見直し 生命保険の賢い入り方

最適な保険商品とは

日本には沢山の生命保険商品があります。時代のニーズの変化に合わせて、各保険会社が競って新商品を投入してきますので、その数は今や膨大なものでしょう。その中から、自分に最適なものを選ぶのはひと苦労だと思います。 世の中には様々な家族の形があります。大家族もいれば、夫婦二人だけ、あるいは家庭を持たずにシングルライフを通す方もいることでしょう。どんな家族にも対応できるよう生命保険も多種類あるわけです。 わが家の家族構成や生活設計に照らし合わせて、保障ニーズと生命保険の内容がマッチしていなくては意味がありません。そこが保険選びのポイントになるわけです。


生命保険というのは「主契約」と「特約」の二本の柱で成り立っています。主契約は「軸となる柱」で、特約は「各々のニーズに合わせて補強する柱」とたとえられます。 主契約は「定期保険」「終身保険」「養老保険」の3つが基本の選択肢となります。さらに、この3つから機能別にいくつかに枝分かれするものとお考え下さい。 特約にも実にたくさんの種類や組み合わせがあります。中でも「リビング・ニーズ特約」というのを付加する傾向が高まっています。これは、余命半年と宣告された人への生前支払い特約です。

主契約も特約もどれがいいのか迷い始めると、なかなか決められないものです。最近は保険についての詳細な情報を提供したり、保険料のシュミレーションができるサイトなどがたくさんありますので、利用してみるのもいいでしょう。 長い人生を歩んでいく途中では、環境の変化や家族構成の変化があるのは当たり前ですね。それらの変化に応じて、保険商品の見直しをしたり、更新をすることで柔軟かつ賢明に対応していくべきです。 もちろん、長い人生のうちには保障のニーズにも変化が起こるかも知れません。その場合は、保障内容の見直しで対応が可能ですから、まずは契約時に最適な保険商品を選択することが大切です。


生命保険比較

保険といえば生命保険

保険のイメージはというと、たぶん、多くの方が「生命保険」というのではないでしょうか。テレビのコマーシャルなどの影響だと思います。 「生命保険」の内容は、、病気や事故、災害などにより経済的負担を強いられている方の負担を軽減するためできた保険制度です。 「終身保険」「定期保険」「養老保険」の3つで構成されているのが「生命保険」です。この中でニーズが高い保険は「終身保険」になります。


保険期間終了時に、受け取ることができる金額が満期までにかけていた保険金と同じ金額であるということである。 「養老保険」の良いところは「満期金」をもらえるところだと思います。しかしながら、その分、月々に負担しなければならない保険料としては最も高いです。 おそらく、「養老保険」の次に「終身保険」が高いでしょう。一番、割安な保険料なのが、「定期保険」となります。

普通の貯蓄だと当然、貯蓄しただけしか戻ってきません。しかしながら、「生命保険」だと万が一の備えができるところが良いでしょう。 契約時から払い込んだ保険料に関係なく、契約した金額を受け取ることが可能だということが「生命保険」の利点だと思います。 特に、生命保険は、プランを様々選択できます。比較を行い、たとえば保険料、払い込み期間、満期時の受取金額など、自分にあったものかきちんと調べて、かしこく保険を選び利用することが大事です。


【無料】最大15社の生命保険を一括パンフレット請求!

生命保険の大切さ

日本人の多くは生命保険に加入しているそうです。しかし、その中で自身の加入している生命保険を正しく認識している人は、いったいどのくらいいるでしょうか。 例えば、子沢山な大家族がある一方で、一生涯家庭を持たない人もいますよね。また、それぞれが思い描く老後の生活だって、すべての人が同じということはありえません。 自分の生活設計に照らし合わせて、将来の保障ニーズと保険の種類がマッチしていなくては意味がありません。そこが保険選びのポイントになるわけです。


生命保険の構成は、大きくは「主契約」と「特約」の二本立てで成り立っています。主契約は「基本となる主な保険」で、特約は「ニーズに合わせて付加する契約」ということになります。 主契約の確認事項としては「満期保険金の有無」「保険期間は一定期間か終身か」「配当金の有無」と、主契約を決めるときは、この3点が肝心です。 特約の例としては、「災害割増特約」や「障害特約」「特定疾病特約」などがあります。最近では「リビング・ニーズ特約」という余命半年と宣告された場合に限り、生前に保険金を受け取れるものも選択傾向が高いです。

ファイナンシャルプランナーという「資産運用」に関するアドバイスをしてくれる人がいます。もし、保険選びに迷って決めかねたときや見直したいときは、相談してみるといいかも知れませんね。 何につけても自分らしい選択は大事です。いつ起こるかわからない「死亡、病気、ケガ、介護」などのリスクもさることながら、自分らしい生き方に沿った保険商品を選択してほしいと思います。 とりあえず生命保険に加入していれば万事安心というのでは、あまりにも安易過ぎます。長期、あるいは一生涯に渡って保険金を支払うわけですから、慎重な契約が何よりも重要です。

保険選びのポイント

人はそれぞれ違った人生を歩みます。家族構成も人生設計も様々です。そんな多種多様の人生に合わせて、生命保険の種類も実にたくさんあります。 例えば、子沢山な大家族がある一方で、一生涯家庭を持たない人もいますよね。また、それぞれが思い描く老後の生活だって、すべての人が同じということはありえません。 わが家の家族構成や生活設計に照らし合わせて、保障ニーズと生命保険の内容がマッチしていなくては意味がありません。そこが保険選びのポイントになるわけです。


さまざまな種類がある保険商品ですが、基本的には「主契約」と「特約」との組み合わせで成り立っています。「主契約」は生命保険の基盤であり、それのみでの契約も可能です。さらに保障内容を充実させたいときに付加するのが「特約」とご理解下さい。 主契約の確認事項としては「満期保険金の有無」「保険期間は一定期間か終身か」「配当金の有無」と、主契約を決めるときは、この3点が肝心です。 主契約には複数の特約を付加することが可能です。特約にも多種類あり、例として「一定期間の死亡保障を厚くする」や「入院・手術・通院などの医療に関する保障を加える」などがあります。

ファイナンシャルプランナーという「資産運用」に関するアドバイスをしてくれる人がいます。もし、保険選びに迷って決めかねたときや見直したいときは、相談してみるといいかも知れませんね。 何につけても自分らしい選択は大事です。いつ起こるかわからない「死亡、病気、ケガ、介護」などのリスクもさることながら、自分らしい生き方に沿った保険商品を選択してほしいと思います。 いずれにしても最終的に自署・押印するまでは契約は発生しないわけです。「契約のしおり」などを必ずよく読んで、疑問があれば生命保険会社や、営業担当者に説明を求めるなどして、申込み前に十分検討することが大切です。

医療保険

医療保険について聞いたことがありますか?医療保険は、ケガや病気で入院、あるいは通院した時に、保険金が下りる保険です。 でも、医療保険に入っていても、病院で負担したすべての医療費を、保険会社が補償してくれるわけではありません。 医療保険は、加入した時の契約内容により、通院1日つきいくら、というように、支払われる金額が決まっています。


医療保険から、入院1日つき1万円が出れば、確かにうれしいですけれど、高額医療費を払う場合、一定の基準を超えた分は、申請すれば戻ってきますので、どうでも入院1日につき1万円出る医療保険に入る必要はありません。 高額療養費制度を利用し、それに加えて、医療保険から入院1日につき5000円受け取ることができれば、ほとんどの入院費をまかなえるので、医療保険にたくさんのお金をかけたくない人は、このタイプの医療保険を検討してみましょう。 少しくらいなら、医療保険料が高くなってもいい、という人は、医療保険から手術費用も下りるタイプにしておくと、より安心できます。

わざわざ自分用の医療保険に入らなくても、夫の生命保険に医療特約が付いているから大丈夫。そう考えている主婦は、結構多いと思います。 しかし、夫が先に死んだ場合、夫の生命保険の医療特約は使えなくなるので、自分用の医療保険に入っておかないと、何の補償も受けられなくなってしまいます。 医療保険料を安くするためには、少しでも早い時期に加入する方がいいので、主婦であっても、個人の医療保険に入った方がいいと思います。

最適な生命保険を選ぶには

現在、日本には数え切れないほど多種類の生命保険があります。その中から、自分にピッタリの保険を選ぶのは、なかなか骨が折れることだと思います。

お子さんの多い家庭もあれば、一人っ子のご家庭もあります。
ご夫婦だけのご家庭やシングルの人もいることでしょう。
当然、求める保障は違うはずで、だからこそ生命保険も多種類の選択肢があるべきです。 自分と自分の家族にとって最適な生命保険を選ぶためにも、生命保険とはどのようなものかをまず
正しく理解することが肝心です。


生命保険は大まかに言うと「主契約」と「特約」の二本立てで構成されています。主契約は「基本となる保険」で、特約は「ニーズに合わせて追加する契約」ということになります。
「定期保険」「終身保険」「養老保険」の3種類に大きく分けられる主契約。さらに機能別に細かく分類された保険商品の中から選択します。特約にも多種類あり、「一定期間の死亡保障を厚くする」や「入院・手術・通院などの医療に関する保障を付ける」などがあり、付加することで各家庭の保障ニーズによる差異を充たしてくれることになります。

自分に最適な生命保険がわからなければ、各種保険の資料請求をしたり、各生命保険会社のWebサイトを閲覧してみることをお勧めしす。
長い人生を歩んでいく途中では、環境の変化や家族構成の変化があるのは当たり前ですね。それらの変化に応じて、保険商品の見直しを
したり、更新をすることで柔軟かつ賢明に対応していくべきです。
先般より騒がれている生命保険金や給付金の未払い問題。
この問題の非は生命保険会社にあるわけですが、加入者側も契約時に疑問点や不明点を残さず、また、被保険者の死亡など受取事由の発生時には、速やかに保険会社に連絡するよう心がけましょう。

生命保険に入る目的

生命保険」には数え切れないほどの種類があります。そして、私たちが、必要な「生命保険」は、人生のあらゆる局面において変わってくるものなのです。 たとえば、結婚や出産、転職などが、人生のイベントと言えるでしょう。このようなライフサイクルが自然と必要な保険も変化させてきます。 本当にたくさんの方が、何気なく、保険に入っています。しかしながら、あなたは自分のライフスタイルに合わせて保険を変更すべきなのです。


ここでしっかり、確認しておきましょう。なぜかというと、保険を選び直す必要に迫られたときも同じ方法をとるのです。 将来において、「生命保険」を選び直すことも踏まえつつ、生命保険は、なるべく現在加入している保険を継続するようにしましょう。 なぜなら、入りなおすと契約年齢が高くなる結果、保険料が高くなります。不利な契約になる場合もあるので気を付けましょう。

また、「生命保険」においては、「解約」をするよりも、「継続」をしたほうが、メリットが出る場合が多いです。 生命保険の選び方で、非常に大切なことは、なぜ?入るのかという目的をしっかりさせておくことだと思います。 そして、次にやるべきことは、ライフスタイルの変化を読むことです。そうすると、自分に合った生命保険を選ぶことが出来ます。

ライフプランが重要

TVで生命保険のCMをよく見かけます。最近の生命保険は種類が豊富で、保障内容や掛け金も手頃なものから保障が充実しているものまで、いろいろありますね。あなただったら、どんな点を重要視しますか? 生命保険を選ぶ際の最も重要なポイントは、あなたや家族のライフプランを頭の中に描いてみることです。 あなた自身が人生の夢や目標に沿って想い描いていく将来の青写真。これをライフプランといいます。簡単にいえば、人生設計です。


その理由は、現在の生活や、家族の将来、あなたがイメージする将来の夢などは、あなたや家族が健康で働いていることを前提として、実現できるものだからです。 もしも、あなたや一家の大黒柱に万が一のことがあったら・・・大変なことになります。 あなたが描いた夢も今の生活も台無しにしてしまう、突然の事故や病気。そんなことを考えると、この先、不安になりませんか?

そのリスクを回避するのが「生命保険」の役目なのです。 あなたや家族に事故や病気などの不幸があった場合、生命保険は残された家族の生活を助ける、とても大事な備えなのです。 しっかりとライフプランを立てれば、自然にあなたの人生設計にぴったりと合う生命保険が見つかることでしょう。

生命保険とは

ほとんどの人が加入しているものに「生命保険」があります。「生命保険」は事故や災害による経済的損失(負担)に備えるための保険制度でただなんとなく安心するために入っている人も多いようです。

生命保険には、主に3種類あり「終身保険」「定期保険」「養老保険」
と言われます。「終身保険」は、保険期間が一生涯続く保険。「定期保険」とは、保険期間が決まっている保険。「養老保険」とは、保険期間が決まっていて、満期時に生存していた場合は満期保険金が保険金と同じ金額で受け取れる保険のことを言います。

定期保険とは


一定の保険期間(保険料払込期間)は、死亡保障があります。

*メリット
:安い保険料で大きな死亡保険金が保障されます。
*デメリット
:満期保険金はありません。

終身保険とは


一定期間保険料を払い込むと保険料払い込み期間終了後も、
一生涯、死亡保障が継続される生命保険です。
*メリット
:一定期間払い込むと一生涯保障されます。
*デメリット
:定期タイプよりも高いです。又。満期保険金もありません。

養老保険とは


保険期間(保険料払込期間)は一定で、その間に死亡したときには
死亡保険金受け取れます。
満期時に被保険者が生存していた場合には、満期保険金が受け取れます。
*メリット
:満期返済金の返金があり貯蓄性が高い。
*デメリット
:掛け金が最も高い。



「生命保険」は、万一の時に契約した時点から払い込んだ保険料に関わらず、契約した金額を受け取ることができます。ですのであなたがもしもの時に備える一番身近な貯蓄でもあるのです。

「生命保険」を選ぶ時は、プランをいくつか見比べて、保険料はもちろん、払い込み期間、満期時の受け取り金額など自分に合った保険を選びましょう。そして貯蓄と同時に安心も手に入れたいですね。

生命保険を選ぶポイント

生命保険。家庭を持つ人にとっては必要なものの1つでしょう。生命保険を選ぶ時、あなたは何を重要視しますか?今は種類もいろいろあって、保障内容や掛け金も手頃なものから手厚い保障があるものまで、様々です。迷ってしまいそうですね。 生命保険を選ぶ際の最も重要なポイントは、あなたや家族のライフプランを頭の中に描いてみることです。 あなたの人生の夢や目標に沿って描いていく将来の予想図がライフプランになります。一言で言えば、人生設計です。


その理由は、現在の生活や、家族の将来、あなたがイメージする将来の夢などは、あなたや家族が健康で働いていることを前提として、実現できるものだからです。 楽観してはいけません。あなたや一家の大黒柱が事故や病気などの不幸に見舞われたら、将来の夢も何もありませんから。 そして、そのために、あなたが描いた夢も今の生活も崩れてしまうようでは、安心して生活ができないことになります。

そのリスクに備えるのが「生命保険」の役目なのです。 不幸にも、あなたや家族が事故や病気に襲われた場合、生命保険は残された家族の生活を助けてくれる必需品なのです。 ライフプランの大切さは分かりましたか?しっかりと立てて、あなたにぴったりの生命保険を選び、加入してくださいね。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。